お台場オンライン
   
トップページ
PCクリニック
PCチュートリアル
お台場アルバム
ウェブデザイン
   
 
 
ホームお台場フォトアルバムIndex
>Canon/EOS Kiss Digital>page2page3page4page5
Odaiba PhotoAlbum
CANON/EOS Kiss Digital ボディとレンズ・メディア 2003年9月 Next >>
2003年の秋、9月20日のCanon/EOS Kiss Digital の発売日を心持ちにしていました。キャノン10DやニコンD100のボディだけでも20万していたのですから・・・KissDigitalの発売で一気にデジタル一眼が身近な存在に感じました。今までのデジタル一眼カメラの常識を打ち破る12万円を切る本体価格の安さに、レビューや初期ロットの不具合を見るまでもなく即買いです。デジカメ歴5年、3台目にしてやっと思い通りの写真が撮れるぞ!
同時購入したレンズにはタムロンのA06(AF28−300mmUltraZoom XR)を選びました。購入当時で4万を切る価格としては出来すぎのレンズです。広角から望遠までこれ1本で幅広く使えてオールマイティーな感触ですね。もちろん望遠側ではF6.3と、とっても暗いのでテレ端側で使用する場所と時間は選びますが、それでも子供のスナップや風景撮影にはレンズ交換の手間が省けるのでこれだけで十分実用的です。
そして迷ったメディアはコンパクトフラッシュの512M高速タイプと同価格で売っていたMD1Gb(日立・IBMのマイクロ・ドライブ)を新古で購入。JPGラージ/ファイン画質で330枚撮れるのは魅力あります。
1週間も使わないうちにバッテリーの残量が気になるようになりました。娘と息子の運動会を控えて予備バッテリーとバッテリーグリップを購入しました。これで1Gbフルに撮ってもバッテリーを気にすることなく使い続けられます。撮った画像をモニターでチェックしながら次を撮影しているのでバッテリーに関してはコンパクト機で痛い思いをしてきただけに、神経質になります。

9月の下旬から2月初旬の現在までの撮影枚数は5000枚を超える勢いで、気付くと100枚は軽く撮ってしまいます。一ヶ月で1000枚は撮ったことになります。4枚連写でバッファメモリが一杯になってしまうのでかえって無駄なショットが減り良い効果を上げているような気が・・・。 コンパクト機では味わえなかった軽快な撮影を楽しんでいます。使って良かった点を強いて上げるとすれば、

・バッテリーグリップを装着してもなお軽いこと。--当然バッテリ残量に気を遣わずに撮影に集中できます。
・コンパクト機と比べてシャッター・タイムラグが少ないこと。--意図した瞬間が狙えますよ。
・一眼レンズが使えること。--キャノンの豊富なレンズ群が使え、構図は思いのまま!
・軽快なオートフォーカス。--ますます撮影枚数がかさみます。。。
・値段の安いボディなので手荒に扱えます。--20万円クラスのボディでは高価すぎて思い切った構図で撮影出来ませんよね。ハハハ。

 
<< Back Next >>
ページトップ▲
 
 
 
Powered by
taka(Odaiba Online)/Digital Blume
東京都港区台場1丁目3番地