お台場オンライン
   
トップページ
PCクリニック
PCチュートリアル
お台場アルバム
ウェブデザイン
   

 
ホームPCクリニック目次XFX nForce680iLT-SLI page1>page2
PC Clinic
XFX nForce680iLT-SLI/Core2 Duo E6600  マザー交換 2007年4月 Next >>
XFX nForce680iLT-SLI へマザーボードを交換。
XFX nForce680iLT-SLI/Core2 Duo E6600 XFX nForce680iLT-SLI/Core2 Duo E6600
CPUにクーラーが乗ったのでケースに固定します。nVIDIA/GeForce 7600GTを取り付け最小構成でBios起動を確認できたので、あとはメモリーとOSを乗せるHDDとDVDドライブをSATAで繋ぎVISTAをインストールします。

XFX nForce680iLT-SLI/Core2 Duo E6600

VistaDVDでブートアップしてインストールします。購入したVistaのバージョンはULTIMATEのアップグレード版なのですが、WinXPからインストールしてアップするよりもVistaを試用版としてインストール後に正規版として再インストールする方が早くてお手軽です。まずは試用版なのでプロダクトキーを入力せずにインストールを進めます。


XFX nForce680iLT-SLI/Core2 Duo E6600 XFX nForce680iLT-SLI/Core2 Duo E6600
インストールするHDDを選択してから作業完了まで約30分で済みました。システムが高速なのでインストール作業も早いですね。

XFX nForce680iLT-SLI/Core2 Duo E6600 XFX nForce680iLT-SLI/Core2 Duo E6600
試用版のVistaを立ち上げて再度Vista上からインストールDVDを起動します。Windows上で試用版Vistaのバックアップが取られたあとにセットアップ用ファイルのコピーからインストールまでが行われます。

XFX nForce680iLT-SLI/Core2 Duo E6600 XFX nForce680iLT-SLI/Core2 Duo E6600
再起動が掛かると今までのビジュアル重視の画面からDOSモードのような画面表示が出てビックリしますが、起動後はVista画面に戻るので一安心。

XFX nForce680iLT-SLI/Core2 Duo E6600
ローカルセットアップを行い使用準備が整いました。ちなみにマザーを交換してしまうとハードウエアの変更箇所が多すぎて同じPCとは見なされず、Vistaのオンライン認証が出来ません。電話認証で事情を説明してアクティベートしました。

XFX nForce680iLT-SLI/Core2 Duo E6600
Windowsのエクスペリエンスインデックスは5.3でp5bの時と同じでした。XFXロゴの起動画面でDELキーを押してBiosを探ってみます。

XFX nForce680iLT-SLI/Core2 Duo E6600
Phoenix-AwardBios

XFX nForce680iLT-SLI/Core2 Duo E6600
CPUのオーバークロックはもちろん、nVidiaリファレンスボードだけあってVideoカードのクロックアップまで可能です。

XFX nForce680iLT-SLI/Core2 Duo E6600 XFX nForce680iLT-SLI/Core2 Duo E6600
チップセットの2つのファンスピードコントロールからCPUにケースファンまで、マニュアルモードで低速回転にしておきます。微かにファンの音が聞こえる程度で許容範囲と言ったところでしょうか。
 
 
Next >>
ページトップ▲
▲Back
 
Powered by
taka(Odaiba Online)/Digital Blume
東京都港区台場1丁目3番地