お台場オンライン
   
トップページ
PCクリニック
PCチュートリアル
お台場アルバム
ウェブデザイン
   

 
 
ホームPCクリニック目次MSI915G page1page2page3page4
PC Clinic  
MSI 915G Combo-FR/Pen4 540(3.2G) PCI-EXビデオカード導入 2004年12月 Next >>
 
年の瀬も迫った昨日は掘り出し物でも探しに秋葉原をブラブラ。キスデジ用に1G-CFが9千円後半、2.2G-MDが1万6千円程度まで下がっていて思わず購入しそうになりましたが思いとどまり、パーツショップを一通り見て回ると…PCI-Ex16対応のビデオカードがNvidia/ATIの両陣営とも出そろっていました。
Radeon X600Proチップ使用のSAPPHIRE製ビデオカード \11,600-   DDR256MB搭載、ゲームソフト付でこの値段はお手頃です。

PCI-Ex16対応のカードはローエンドではNvidiaはGeForce5900番台〜、ATIはX300〜として8千円程度で買う事ができます。このPCの組み立て当時は選択肢が少なく安いカードでも2万円以上してましたからそろそろ購入するチャンスかも知れません。今までの歴代PCにはNvidiaチップのビデオカードを使ってきました。今回は3D性能は全く必要ないので発色に優れたATIのカードを探しました。ミドルレンジの製品にはX600/X700と選択肢がありますが店頭価格では倍以上の開きがあります。グラボ製造メーカーにより付属品とソフトが違うくらいで同じGPUであれば値段はそれ程違いません。X600/256M製品では一番安かったSAPPHIRE製のグラフィックボードを購入しました。
TVOut、D-sub15+DVIでDual出力対応です。付属の変換コネクタ使用でDual DVIに変更可能です。   実はCPUファンよりグラボのファンの方が小型で高回転な為、五月蠅かったりします。

現在使用中のOnbord VGA/Intel GMA900 では、ウインドウを4つ以上開けているとウインドウ移動時に残像が目立つようになります。再描画に時間が掛かってしまうのです。特にウチの作業環境ではエクセルデータを参照しながらWordの原稿を拾ってDWで作業中に、FWで画像を加工しIEでページデータを確認することが日常です。こうなるとメジャーアプリだけで5つ、ウインドウだけで10以上同時に開く事になり切り替え処理では、描画にもたつきが目立ってしまいます。この点が改善されれば処理スピードについては文句ないのでtaka的に満足できるのです。
最近のVGAカードは裏側にもメモリチップが挿さっているんですね。ハイエンドボードでは両面冷却されている訳が分かりました。   PCI-Exコネクタは従来のAGPコネクタと同じ場所にあります。コネクタの安全ロックを外します。

AGPボードの様にパチンとはめ込む訳ではないのでしっかり挿さっているのか不安になります。ケース背面のPCIスロットへネジでの固定が重要ですね。
VGAボードはロック側の切り欠きから差し込みそのままボードを斜めにグサッと挿します。   ケースにネジ止め固定しないとカードが抜けやすく不安になります。

電源投入で機器の認識はMSI BiosとWindowsXPのPlug&Playにお任せです。
機器が認識されると必要なドライバがWin起動途中に求められます。   付属のドライバCDからWinXP用のVGAドライバをインストールしておきます。

BiosレベルでPCI-Ex16へVGAカードを挿す事で内蔵グラフィックから自動的に外部VGAに切り替わるようです。インストール後は解像度の変更とリフレッシュレートを上げて画面のちらつきを押さえます。VGAにオンボード256MもRAMがあると常用する解像度1600x1200では85Hzもの高周波が選べます。
インストール直後はVGA解像度になってしまうので使用する解像度まで画面解像度を変更します。Dualモニタモードになってます。   念のためVGAアダプタ情報でRADEON X600チップ搭載である事を確認します。これで一安心ですね。

実はその他の部分では地味に増設を行っていました。秋葉原へ行ってはお小遣い程度で手に入るパーツを購入してしまうので、取り付けてはテストしています。
VGAの項目ではX600のプライマリとセコンダリの2つのVGAカードがあるように表示されます。   LGのDVDドライブはバルクで2ヶ月前に9800円で購入。-R/RW+R/RWはx16、RAMx5/DLx2.5対応の最高速品です。

現在も使用中のSCSI機器はMOとスキャナです。先週見つけた掘り出し物は500円のUltraSCSIカード。言う事ありませんよね。
ソフマップの500円ジャンク箱の中から見つけました。AdaptecのAHA-2940AUはUltraSCSI(SCSI-3)ホストアダプタ。   旧製品なのでWinXPのドライバ一覧からドライバを選択し動作確認!当時3万円もした製品なのでお得感いっぱいです。

これだけ接続機器が増えてくると電源が心配です。現在使用している400Wでは夏に持たないかもしれません。高性能電源は値段も高いので何とか持って欲しいものです。
 
 

 

 
Next >>  
ページトップ▲  
▲Back  
 
 
Powered by
taka(Odaiba Online)/Digital Blume
東京都港区台場1丁目3番地