お台場オンライン
   
トップページ
PCクリニック
PCチュートリアル
お台場アルバム
ウェブデザイン
   

 
 
ホームPCクリニック目次MAC Mini page1page2page3page4
PC Clinic  
Mac Mini/G4 1.42GHz OS X ver.10.4 Tiger 2005年8月 Next >>
 
お盆休み中にオークションでG4/Cubeの処分が済みました。OSX Tigerの仕様に合わせて、さらにCubeの改造を重ねて使い続けようとしたのですが、CPUアップグレードカードにCube仕様のビデオカード、さらには新OSの購入予定金額を加えると、MacMiniが買える金額に届いてしまいます。ならばいっそのこと思い切ってCRTディスプレイごと処分して、デスク回りをスッキリさせてしまおうと…幸いなことにオークションでは希少品のCube、しかもリストア済みのOSX Pantherがスイッチオンですぐに動くとあって、アクセス総数1500、ウオッチリスト85、入札は50件を超えて希望額以上に高値での落札となりました。お休み中に発送も済んだので休み明けの会社帰りに購入してきました。
店頭購入だと発送用段ボール箱から出されて紙袋に入れてお会計なのですが、、、 修理発送することもあろうかと思い、発泡スチロール入りで梱包箱ごと持ち帰りました。

発送用箱入りでもノートブック並みの軽さと小ささで持ち帰りも苦になりません。
緩衝材は中国から運ぶためにしっかり。miniの箱が段ボール内で宙に浮くようになってます。 Apple製品の品のあるデザインはセンスの良い箱からも見て取れます。

Apple製品は箱を開ける瞬間がたまらないんです。ユーザが商品を取り出し手に持った瞬間にマイマシンとなる感動を与えてくれます。それはまるで玉手箱を開ける時のようなものでしょうか?
箱への入り方も芸術的。上段には取説に保証書、OSXとアプリのインストール用DVDが2枚。 2段目に入っている本体と感動のご対面です。

重箱を開けるように上・中・下の3段構造でしっかり収まっています。
下段には電源とDVI-VGA変換アダプタのみ。 サイズは店頭で見るより小さく感じます。CDケースを二回りほど大きくしたような感覚。

同梱品は必要最低限、良く割り切ったものです。これだけ?と驚きを隠せません。2〜3台目のユーザを狙った商品なので不必要な接続コードは入りませんよね。
底面は全面ラバーが貼ってあり滑り止め加工となっています。 底面の外周に空いた吸気口から側面裏のIOポート上に排気されます。

このグレードはAirMac ExtremeとBluetoothが標準で内蔵されていてお得です。すなわち本体から出る接続コードは必要最小限にすることは暗黙の了解です。
電源コードにVGAモニタコード、USBにはMS/ワイヤレスマウスのレシーバ、スピーカコードです。 ファンがあるのに殆ど無音で48時間、本体連続稼働実験中。

接続はコードも少ないのでとっても簡単です。LANもキーボード&マウスもワイヤレスですから。
20インチ液晶には2系統の入力が可能なのでWinとスイッチして使うことにしました。 まずは使用言語の選択操作でマウスが正常に機能するか試します。

Pantherのインストールでも動くオープニング画面にはビックリさせられましたが、今回のTigerではスムーズに動くアニメーション動画がオープニングとして使われています。
お馴染みのリンゴマーク。 各国語でようこそ!のオンパレード。

スポットライトのアニメーションがグリグリ動いて各国語で「ようこそ」! 購入目的だったTigerロゴが現れました。

触ることが楽しくなるOSXの最新バージョンTigerです。ここまでハードウエア的な初期不良は見当たらないので、次ページからは周辺機器やネットワークの設定を見ていきます。

 
 
   
・MacMini 1.42GHz/512MB/80GB/Combo/AM/BT・・・¥69,800-  
Next >>  
ページトップ▲  
▲Back  
 
 
Powered by
taka(Odaiba Online)/Digital Blume
東京都港区台場1丁目3番地