お台場オンライン
   
トップページ
PCクリニック
PCチュートリアル
お台場アルバム
ウェブデザイン
   

 

 
 
ホームPCクリニック目次Cube page1page2page3page4page5MAC Mini
PC Clinic  
PowerMacG4 Cube/450MHz OS X ver.10.2 Jaguar 2002年9月 Next >>
 
とうとう買ってしまったOS X。10.2になってから不具合が随分と解消されたようで10.1に比べて信頼性が格段に向上したようです。WinマシンにPC予算を喰われているのでMacにかけるお金はなかったのですが、10.2があまりにも好評なのでついつい導入を決意致しました。店頭でパッケージを手にして初めて知った事は、WinOSのようなアップデート版が無いんですね。同じOS Xなのに10.1を買ってしまった人は新たに10.2を買わされる何とも不合理なシステム・・・それでも、マックユーザーはAppleにそっぽを向かないなんてエライなぁ。
OS Xの導入に際してまずはアップデータを調べました。今まではOS9.0から9.2までアップデートしていましたが、その後のアップデータチェックはしていなかったのです。Appleサイトへ行ってみるとファームウエアのアップデータが上がっていました。バージョンは4.1.9です。マックのFirmware(??)はWinマシンで言えばBiosのアップデートのようなものでしょうか?(違ってたら教えてねK氏!)FirmwareUpdaterを起動すると、シャットダウン後プログラマボタン(?)をピンで押しながらPowerOnしてパワーボタンが早い点滅を始めたらボタンを放せ・・とメッセージが出ました。Cubeを裏返すと確かにボタンがありますが一体どっちのボタン?初めて取説を開きました!!
プログラマボタンは左側のスイッチです。このボタンの存在を初めて知りました! グレーのバックにOS9.2の起動画面・・その画面下にプログレスバーが表示されてアップデートの始まり。

早い点滅がすぐに始まったので急いでボタンを放すとアップデートが始まりました。 マザー(ロジックボード?)のフラッシュROMにFirmwareのアップデータが無事に書き込まれたようです。再起動後OSが立ち上がったので成功ですね!アップデート成功のメッセージが表示されたのでOKです。
外付け電源はプラグからコードが抜けやすいので要注意。足下に置いてるせいかしょっちゅう抜けます。 Biosのアップデート中に電源が落ちたらおしまいです。二度とOSが立ち上がらないタダの箱になってしまう。

店頭で仕事帰りに衝動買いしてしまったOS XのJaguarパッケージ。いずれ買うつもりではあったので早い決断でしたね。妻に文句を言われるのは覚悟の上です!個人的に、とにかく使ってみたいOSなんです。
OS Xのパッケージと2枚組インストールCD+DeveloperToolsが1枚。クラッシック環境用のOS9は別売りでクーポン引き替えの2,500円! 1枚目のCD-Romを入れインストーラをクリックしてインストール開始。MAC OSのインストールは初めてなので何が起こるかドキドキ。

CD-Romからインストーラを起動するとOS Xのロゴの下に再起動ボタンが現れました。これが英語でRestartを促されるのです。なぜ日本語化できなかったの?同意してRestartボタンをクリックすると再起動後にCD-Romブートされます。そして現れたのが薄いグレーバックにグレーカラーのリンゴマーク!これが物議をかもしたHappy MACの終焉です。
Happy MACよさようなら・・・リンゴマークこんにちは!マック使いではないのでそんなに旧ロゴへの愛着はありません。 インストールガイド・プログラムの読み込み中です。Windowsのようなステップガイドが出るんだろうなぁ・・多分ね。

初めてのMAC OSのインストールが始まりました。G4/450で動くのか心配しながらのインストールが続きます。使用言語に日本語を選択して使用許諾ライセンス契約に同意すると・・
日本語を選びcontinueボタンをクリックして続行。 使用許諾に同意します。別に読まないよ。

・・OSをインストール先のHDDの選択をします。内蔵のMaxter20G HDDは10Gづつパーティションを切ってあります。OS9とシステムファイルが混同してしまうといけないので、別パーティションに新規インストールする事にしました。インストール先HDDの選択画面でMacintosh HDではないDATA用のHDDを指定しました。次に簡易インストールのダイアログが出ますが、ここでカスタマイズボタンをクリックしてカスタムインストールを選び必要なファイルをチェックしました。
OS9とは別のパーティションにインストールします。残したOS9.2はクラッシック環境で起動するために使います。 簡易インストール?通常であればこのままで良いのでしょうが、興味があるのでカスタマイズを選びました。好奇心優先の作業が続きます。

カスタムインストールを選ぶ事で不必要な言語のファイルやドライバのインストールを防げるので、OS Xがより軽快な動作をするようになるかも知れません。Winの場合はそうなんですけどMacOSはどうなの?
プリンタドライバも使用するHP用だけ選びます。 インストール中の画面表示ではあと1時間30分かかると出ましたが、実際はDisc1が約30分で終わり。

インストールは何事もなくすすみ、Disc2を入れるように求められます。自動排出されたDisc1を抜いてDisc2を入れました。追加ソフトウエアのインストールはすぐに済み、OSの最適化が自動で行われているようです。インストールに手間のかからないMacOSは良いですね。WinXPのインストールと比べて、専門知識がいらないインストーラを作ったAppleに脱帽です。これでデュアルブート(Classic)環境までもが構築されてしまうのですから。
Disc2の追加ソフトウエアはすぐに終わり最適化中のメッセージが出ました。 無事に「ようこそ」画面が表示されました。

基本環境の設定で地域(日本)と日本語IME(ことえり)の選択をして、ユーザー登録に.macの設定と続きます。
基本環境の設定はWinOSと同じ、地域と言語の設定のあとに入力方法の設定をします。 ユーザー登録画面ではメールアドレスに住所、氏名、連絡先の入力が求められます。

ココで入力したユーザー情報はインターネット接続が設定されたあとに自動送信されます。OSを複数台に入れる時は気お付けましょう!?
日本語入力「ことえり」の言語バー、OS9ではAtokを使っていたので変換精度の差が出ます。が、ちょっと使ってみるとなかなか良い感じです! インターネット接続の設定ではLAN経由で繋がるようにローカルIPアドレスとルータアドレスを設定。

インターネット接続が確立されると、すぐに先程入力したユーザー情報がAppleに送信されてしまいます。用はここでネット接続が設定されなければユーザー登録が後回しになるので(Homeフォルダに保存されたユーザーカードを任意で送信!)2台目にインストールできますね。
インターネット接続確立の画面。アクアボールがアニメーション表示されてます。 日付と時刻の設定、インストール作業もいよいよ大詰めです。

日付と時刻の設定のあとには、新しくなったFinderが勝手に立ち上がりインストール作業が終わりました。ファームウエアの更新からOSのインストール、基本設定まで約1時間半で済みました。簡単・早い!!
Finderも1クリックで表示方法を切り替えられるのでファイル操作がやりやすくなりました。 再起動をかけてみると、ちゃんとOSXで起動しました。

問題のアニメーション表示もスムーズでG4/450MHzでも十分なパフォーマンスを見せてくれています。何よりも今までと比べてOSを操作する事自体が楽しくなったので(こんなユーザーも居るんです。。ハイ!)Macの電源投入時間が格段に増えました。
システム関係では機能拡張が無くなっているのでちょっと驚きです。Winユーザーでも戸惑わないで済むように設定パネルからわかりやすく行えるようになったのでしようか?付属アプリも楽しそうで充実しています。これから一つ一つ検証してみますね。
 
 
●OS X 10.2
・製品版・・・\13,800-
 
Next >>  
ページトップ▲  
▲Back  
 
 
Powered by
taka(Odaiba Online)/Digital Blume
東京都港区台場1丁目3番地