お台場オンライン
   
トップページ
PCクリニック
PCチュートリアル
お台場アルバム
ウェブデザイン
   

 
 
ホームPCクリニック目次GA-7ZX page1page2page3page4
PC Clinic  
GA-7ZX/Gigabyte+Athlon1.1G  WinXPの導入 2001年11月 Next >>
 
待ちに待ったWinXPを導入する日がやってきました。その前にBiosのアップデートをしないとインストール中にいたい目を見るので早々にアップ開始。ギガバイトのマザーはWin上からBiosを書き換えできる@Biosが使えます。ソフトを起動してインターネット経由で最新のBiosを探しに行き最適なBiosを選択すると自動ダウンロード後、そのまま自動書き換えでアップ終了。フロッピーもDosコマンドも必要有りません!
@Bios 便利な機能がつきました。これでDosと完全におさらばできますよ!
今回ドライバ関係が不安なので新規購入したHDDに新規インストールします。2000で使用していたファイルがHDDごと、そのまま残せるので安心です。Biosのブートアップの設定項目で1stBootにCD-Romを指定してOEM/XPのCDからドライバを読み込ませ起動します。
CDからドライバを読み込ませます。 ファイルコピーの前に新しいHDDのフォーマットをしてしまいます。
あたらしいHDDは40G/7200rpm/ATA133のMaxtor製MTX-6L040J2です。取りあえず収納ベイには余裕があるのでEXベイに内蔵してインストールを進めます。Win2000との切り替えはIDEケーブルの差し替えで当面は対応しようかなぁ。
パーティションを切らずに1ドライブとしてフォーマット中です。 エキストラベイはココにつきます。IDEのつなぎ換えも簡単な位置です。
このところ自作ユーザにはうれしいメモリーやHDD価格の低下です。40Gでも5400rpmなら1万円が目安ですからね。この際贅沢にパーティションを切らずに使用します!
フォーマットが無事に終了しいよいよXPのファイルコピーが始まりました。
XPインストールのためのファイルコピー。 再起動後、XPのロゴが出現!
ローカルにコピーされたファイルからインストールが開始されました。デバイスドライバのインストールも順調に進み一安心です。なぜならPCIにはボードが挿さりっぱなしなのですから・・だめならAGP以外すべて抜いてやり直せば良いだけ・・新規HDDなのでデータを破壊される心配も無いので気が楽です。
インストールの開始です。 勝手にデバイス関係のファイルもP&Pでコピーされるので見てるだけ。。。
インストールも無事に進みました!後は各種設定を項目ごとに行うだけです。なんて楽なんだ!
モニタの右隅で地味に点滅しているアニメーションを発見。マイクロソフトも粋だね! プロダクトキーの入力画面。
ネットワークの設定もここで行えるんですね。アクティベーションの関係でしょうか?ISDNルーター経由のハブ接続なのでルーターアドレスとローカルアドレスを指定します。
ネットワークの設定ウイザード。 ローカルIPアドレスの指定。
XPのデスクトップが表示されました。今までOSのアップデートにはさんざん苦労させられたので(その代わりOSの知識は増えましたが・・)、ココまで何事もなくあっさりインストールされたのが妙に不安になります。ディスク管理でドライブレターを変更して(F:からC:へ)仕上げです。
   
キャプチャボードのドライバはさすがにインストールディスクには無いようで、これは当分殺しておきます。キャプチャの際には2000を起動すれば良いのですからね。
 
 

Maxtor 40Gb HDD・・・\13,499-

 
Next >>  
ページトップ▲  
▲Back  
 
 
Powered by
taka(Odaiba Online)/Digital Blume
東京都港区台場1丁目3番地