お台場オンライン
   
トップページ
今日のお台場
PCクリニック
お台場アルバム
お台場衣食住
ウェッブデザイン
住人
ご近所リンク
お台場掲示板
お台場チャット
Odaiba Style(Blog)
   

 
 
ホームPCクリニック目次Panasonic Let's Note CF-A77 page1>page2
PC Clinic
Panasonic Let's Note CF-A77 ジャンクで購入 2006年12月 Index >>
カードスロットユニットの裏側に東芝の2.5インチ/6.5GbのHDDが接続されていました。

取り外してジャンク購入した日立IBMの20Gbを取り付けて戻します。

すべての配線を元に戻して通電確認。液晶には OS not found の表示も出ているので一安心でした。

BIOSを呼び出してメモリーやHDDを認識しているかチェックします。この画面上ではしっかり認識されていますね。

Win2000をCD-ROMブートして取り付けたHDDをフォーマット。

インストールは素直に進みsp4まで適用できました。

容量のほとんど無いバッテリーのセル交換は殻割りから。ケースを外すと云うよりは無理矢理合わせ目のプラスチックを切っていくのです。苦労するので真似しないでください。

コネクタ周辺部分は回路基盤が入っているので壊さないように慎重に外していきます。

取り出したCGR18560HMと新品購入したCGR18650CBでは新品の方が出力アンペアが高いのでバッテリーの持続時間が長くなります。といっても元はどの位の時間モバイル出来たのかは、不明ですけど。。。

3本のセルを使いリード線を基盤へ半田付けします。どうしても厚みが出来てしまうので殻が完全には閉まらず、半見え状態のままで接着。使用上は不具合もないのでこのままで使うことにします。

デバイスマネージャでも不明なデバイスは検出されずに、トラックパッドのドライバも2000標準で動いているので非常に軽くて快適です。ネットへはUSBタイプの無線LANアダプタで54M接続、家庭内ネットワークではファイルのやりとりも十分なスピードが出ています。

こうして、ネエネのクリスマスプレゼントマシンは進化を遂げました。
 
 
Index >>
ページトップ▲
▲Back
 
Powered by
taka(Odaiba Online)/Digital Blume
東京都港区台場1丁目3番地