お台場オンライン
   
トップページ
今日のお台場
PCクリニック
お台場アルバム
お台場衣食住
ウェッブデザイン
住人
ご近所リンク
お台場掲示板
お台場チャット
Odaiba Style(Blog)
   

 
 
ホームPCクリニック目次>Panasonic Let's Note CF-A77 page1
PC Clinic
Panasonic Let's Note CF-A77 ジャンクで購入 2006年12月 Next >>
とある日、ヤフーオークションにて修理中のノートPCのパーツを調べていたところ、何気なく見ていたジャンクパーツの項目でこのPCが目に止まりました。当時としては高嶺の花だったB5サイズ/サブノートPCです。症状は起動後数分でフリーズしてしまうためジャンクとして出品されていました。完全動作品であれば2万円近い金額が付いたのでしょうが、ジャンクなので入札も入らず、僅か5千円で落札できました。
アルミ天板で精悍なボディです。少しくらい手荒に扱っても壊れない安心感があります。どうやら1オーナーの所有だったようでキーボードやパームレストのテカリもなく大切に保存されていたようです。

スペックはCeleron(300MHz)/HDD6.4GB/CD-ROMドライブ/LAN/11.3型XGA液晶とモバイルにはもってこいの軽い性能です。
有り難いことにAC電源が付いてきたので、起動してみると懐かしのWin98が起動しました。症状の再現確認をすると…やはり起動後数分でフリーズしてしまいます。
まずはアキバの路地裏ジャンクパーツ屋で100円で手に入れたPC133SO-DIMM/128Mbを試してみました。キーボード裏のネジを外して配線を切らないようにキーボードを跳ね上げます。

RAMのスロットがあるのでココへ購入したメモリを斜め挿しして、パチンとはめ込みます。再び電源を投入すると見事に合計191MbのRAMがシステムに認識されました。それでもフリーズするのでHDDの不良が考えられるのでHDDの載せ替えを行います。

裏側のネジを全て外したら、キーボード下にも外フレームを固定しているネジがあるので先に外してしまいます。その後キーボードコネクタをドライバーで跳ね上げて2本のケーブルを外します。

キーボードを取り去ったらトラックパッドから伸びているケーブルも固定ピンを跳ね上げて外します。

HDDユニットに供給されている電源コネクタを外したら、いよいよフレームを外しに掛かります。

フレームは液晶ヒンジ部分まで一体型なので少しずつ慎重に外します。無理矢理外そうとするとヒンジの付け根から折れてしまいそうになるので、ヒンジ部分がうまく外れるように液晶はストレートに開いて倒しておくと作業がしやすくなりました。ドライバーを入れて少しずつコネって外していくといいですね。またバッテリーユニットからマザーへの電源供給用フラットケーブルも付いているので切らないように注意が必要です。(面倒なので外しませんでした。)

HDDユニットのネジを外してユニットごと取り出します。
 
 
Next >>
ページトップ▲
▲Back
 
Powered by
taka(Odaiba Online)/Digital Blume
東京都港区台場1丁目3番地